~ストレスチェックのご案内~

ご存知の通り、2015年12月1日に施行された改正労働安全衛生法により、従業員(アルバイト・パート含む)が50人以上の事業所で1年に1回定期に「ストレスチェック」の実施が義務付けられました。(※50人未満の事業場にも努力義務があります。)

 

「ストレスチェック」は、ストレスに関する質問票(選択回答) に従業員が記入し、それを集計・分析することで、自分や職場のストレスがどのような状態にあるのかを調べる検査です。

今年11月末までに「ストレスチェック」を実施しなければ、労働基準監督署から是正勧告を受け、また従業員がメンタルヘルス不調になった場合、企業にその責任を問われます。

 

では、「ストレスチェック」を導入運用するには何を実施しなければならないのでしょうか?下記にまとめましたので、一度ご確認下さい。

 

[平成28年11月末日までにしなければならないこと(従業員50人以上の事業場]

(1)基本方針の表明

(2)ストレスチェック

(3)面接指導

(4)集団ごとの集計・分析

(5)集団的な分析(職場のストレス診断)と職場環境改善について、今後法制化を検討

(6)労働基準監督署への結果報告

 

特に上記の(2)ストレスチェックに関しましては、チェック項目の集計、グラフの可視化等煩雑な事務作業が必要となります。また基本方針を表明し、衛生委員会で協議するなど、本制度をしっかり理解しておかないと、スムーズには実施できない項目もあります。

 

そこで、今回弊事務所が、ご提案させて頂くのは、ストレスチェック対策の救世主となりうる「Well診断」です。

本商品の特徴は、弊事務所がストレスチェックの導入から完全サポートし企業様の負担を大幅に軽減できるところです。

Well診断は法令に完全適合しておりますし、一部上場企業にも多く導入されている信頼できるストレスチェックです。診断結果においても、一目でストレスの現状が把握でき、かつ職場全体におけるストレスリスクも確認できます。

 

まだストレスチェックの対策が進んでいない会社様、そもそもストレスチェックって何をしたらいいのか分からない方もまずはお気軽に、下記までお問合せ下さい。

メールでお問合せいただければ、分かりやすいパンフレット等をメールに添付しご案内させて頂きます。

 

 

社会保険労務士法人ベスト・パートナーズ 担当竹内

Mail m-takeuchi@t-roumu.com TEL:06-6367-7895

03-6261-2430